魚を美味しく身体に毒素を残さない食べ方 その2

初めての方は

こちら

からお読みくださいね!

魚の中和にはあのフルーツ!

魚の中和には大根おろしが最高なのですが

お子さんとか

大根が苦手な方もいらっしゃることでしょう。

その場合にオススメなのが

柑橘類!

みかんやゆず、レモン、金柑など

これらの柑橘類も魚の中和をしてくれます。

だいたい魚好きさんは柑橘類も好きな方が多い。

父も大の柑橘類好き!

ホームセンターに行くと苗を買ってきて庭に植えているので

我が家の庭は柑橘類だらけ!

みかん、夏みかん、ゆず、レモン、金柑。

どれも魚の中和には最適です。

東海道線に乗ると海辺の近くにみかん畑が見えますよね(熱海とか)

あれは魚の毒消しとしてみかんが合うので植えられているんですよね。

ちゃんと理に適ってる。

食べて美味しいものは相性が良い!

まぐろにワサビ

アジに紫蘇や生姜

秋刀魚に大根おろしとすだち

カツオにニンニク

鮎に蓼酢

寿司にガリとあがり(緑茶)

などなど

どれもポピュラーな組み合わせですが、

これは全部毒消しになっているんですね。

美味しいだけじゃなく、ちゃんと消化しやすいように

あるいは

当たらないようにという組み合わせになってる。

昔の人はそんな事を知らずに食べていたのかも知れませんが

自然と理に適う食べ方をしていた。

先人、凄い!!

ツマは残さず食べよう

刺身にもツマ(大根)や紫蘇、菊の花が添えられていて

大根はもう説明する必要がないですが

菊の花も殺菌作用がある。

そして肝臓のお薬にもなる。

最近はプラスチックの紫蘇や菊の花が添えてあるけどあれは意味ないですね。

完全に単なる飾りになってしまってる。。笑

刺身を食べる時にはツマも残さず食べましょう。(ただし本物に限る!笑)

他には

長ねぎも魚の中和に最適です。

生でも加熱してもいいので魚好きな方はぜひどうぞ!

魚好きな方はねぎ類も大抵好きですよね。

つまり、ちゃんと身体が欲してるわけです。

嫌いな方は無理して食べなくていいので、美味しいと感じる物を食べてみてください。

肉類の毒消しもあるのでそれはまた改めて記事にしまーす!