私が大戸屋さんLOVEな理由!その2

今日は雨。

家でのんびりするにはもってこいの日ですねー。

朝からモーツァルトとリベラを聴き

毎朝の日課である瞑想をしていると

穏やかな時を過ごせる事が嬉しい。

そんな小さな幸せを感じながら今日も書いていきます!

久しぶりにベジボロネーゼを作ってみた。

子供の頃は缶詰のミートソースであの缶臭さが苦手。

そのミートソースをステンレスのフォークで食べるのもイヤ。

金臭さが勝って美味しさが半減してしまう気がしていた。

子供の頃から食にはうるさかったみたい(笑)

今はフォークも木製にして心地よく食べている。

こんな些細なことがとっても大事!

<お気に入りポイントその1>手洗いは邪気払い。神聖な食事の前には手を洗いたい!

私、食事の前には必ず手を洗いたいんです。

洗えなければせめてお手拭きは必須!これは絶対譲れません。

食事の時間は神聖なもの。

だから手を清めてから食べたい。

神社でお参りする前に手水舎で口と手を清めますよね。

あれと同じ。

だけど外食ではなかなか難しい時が多い。

トイレに行けば洗えるけどなんだかそれもイマイチ。

そんな時に嬉しい大戸屋さんの配慮!

なんと店内に手洗い場がある!

手を拭くための紙も完備。

しかもお手拭きまで置いてある。

ハンカチを持たない人もいるでしょうからこれは私的にかなりポイント高いです。

手を洗ってスッキリした気持ちで食べるご飯は余計に美味しい。

こんな心遣いがとっても嬉しいのです。

<お気に入りポイントその2>お客さま目線でのきめ細かい配慮があちこちに感じられる

手洗い場もそうですが、

あったら嬉しいきめ細かいサービスがとにかくいっぱい!

席に着くとまずお水とお茶の両方が出てきます。

(お手拭きは手洗い場から自分で取ってきたやつね)

人によって冷たい水が欲しかったり温かいお茶が良い人もいる。

お茶は食後が良い人もいるでしょう。

でもそこは猛烈に忙しいランチタイムで効率よく稼働するための知恵。

初めからどちらもあればいちいち店員さんを呼ばなくて済むのもありがたい。

私は交互に飲むのが好きなのでこのスタイルは大歓迎!

そして注文はこのタブレットで勝手に出来る。

スマホ世代はこういう操作に慣れているのでいいのですが、

機械が苦手な人はもちろん通常通りのオーダーも可能。

その辺の柔軟さもステキ。

私は店員さんとあれこれ話しながら注文するのが好きなのですが、

忙しいランチタイムは店員さんもてんてこ舞い。

なのでタブレットでサクサクと注文しちゃいます。

ただ、

ご飯の量の微妙な調整はタブレットじゃ無理だよね…

と思っていたらなんと!

「少し大盛」などというカテゴリがあるではないですか!

そうなんです。

私はご飯が大好き。

だからいつも大盛りを頼んでいたのです。

大戸屋さんの大盛りはドンブリ飯。

以前はこれをペロリと平らげていたのですが、

ここ最近は食が細くなり大盛りは食べきれない。

でも、普通盛りでは少し足りない。

少し多めのご飯がいいなぁ。。

と思っていたのです。

きっと同じように感じるお客さまの声があったのかも。

それがちゃんと反映されている。

↑これが少し大盛の五穀ご飯

しかも大盛りは無料なのに少なめご飯はマイナス20円

どこまで神対応なの、大戸屋さん!

大戸屋さん大好きポイントまとめ

*店内に手洗い場やペーパー完備できめ細かい配慮がある!

*冷たい水と温かいお茶が同時に出てくる!

*タブレットと通常オーダーどちらも可能な臨機応変さ!

*ご飯の微調整まで出来る痒いところに手が届くサービス!

 

まだまだ大戸屋さんの魅力は続きまーす