NAOMI クオリティ 美味しいレシピが生まれる秘密!vol.2

タイトルに

美味しいレシピが生まれる秘密

と書いているので

レシピの公開を期待されている方がいたらごめんなさい。

それはない(笑)

美味しいヴィーガンレシピの生まれるキモの部分を書いています。

それは技術ではなく本質的なもの。

心はピュアに、身体はそこそこピュアにしておく

私は特に料理の才能があるとか味覚が優れているという自覚は全くないです。

私より料理の上手な人なんてゴマンといるでしょうし

味覚なんて

アルコールが入ったら一気に狂うでしょうし・・・笑

それなのに

なぜか美味しいと言ってもらえることが多いのはなぜなんだろう?

と考えてみたわけです。

あ、、

ヴィーガンレシピの開発をしているので

私自身がヴィーガンだと思われていることが多いので言っておきますが

私はヴィーガンではないですよ。

ここ、大事!笑

私は基本なんでも食べます。

動物性の物も

添加物入りの物も

農薬のかかったお野菜も

なぜなら

ピュアになりすぎるのを防ぐため

この仕事をしていなければ

農薬・添加物・動物性のものはできるだけ避けていたと思います。

その方が身体にとって快適なのは一目瞭然だから。

でも

そうすると身体も味覚も敏感になりすぎて仕事にならないのです。

いわゆる無添加、植物性オンリー、白砂糖抜き

だけの食生活になると

味覚をはじめ全ての感覚がとても敏感になります。

少しでもそれらが入ると身体が反応して

場合によっては具合が悪くなる。

それではとてもレシピ開発の仕事はやっていけない。

少なくとも私の場合はそう。

偏りのない味覚の大切さ

私が目指しているのは

誰が食べても美味しいヴィーガン料理です。

普段

肉食もりもり、添加物まみれ、白砂糖漬け

そんな人が食べても普通に

美味しい!

と感じる料理を提供したい。

それが私の望みなのです。

だとすると

そんな方たちが普段どんな物食べているのか

どんな物を美味しいと感じるのか

それを知る必要がある。

なので

コンビニのお菓子も食べてみるし

巷で流行っている物なら

自分が食べたいと思わない物でもとりあえず食べてみる。

それが

誰が食べても美味しいと感じるレシピを作る秘訣

ヴィーガンやマクロビオティックを純粋に実践していると

現代では逆にアンバランスになってしまう。

ほんの少しの砂糖を食べても

甘い!!!

と感じる味覚では

一般食の方が食べて美味しいレシピを作ることは難しい。

味覚が偏ってしまう。

なので敢えて少し鈍感にしているのです。

それでも基本は味覚にとても敏感なので

味にブレが生じることはない。

私は自分の舌を絶対的に信頼しているから大丈夫なんです。

もし私のヴィーガンレシピが美味しいと言っていただけるのなら

その理油は明白。

なんでも食べて偏りのない味覚を維持しているから。

それだけです。

身体を張ったレシピ作り

本来なら食べる必要のない

いろいろな物を食べるので

時には

気分が悪くなることもあります。

でもそこはマクロビオティックのお手当を知っているので

自分で対処できる。

これは本当にありがたいなあと思います。

具合が悪ければ基本断食をして内臓を休ませる。

これをやるだけで身体への負担はだいぶ軽くなります。

とは言え

身体を張っている

つまり

生命をかけてレシピ作りをしている

わけなので

美味しくて当たり前

そう思います。

ちなみに研究のために

いわゆるベジ料理を食べることは全くありません。

殆ど似たようなものばかりで参考にならないのと

普通の料理の方が勉強になる物が多いのが実際のところ。

やはりプロの料理人が作るものは素晴らしいと感じます。

自分の舌も身体も自分だけの物にしない

 

自分の健康や楽しみだけのためならば

わざわざ添加物入りの物など食べやしない。

好き好んで甘ったるいお菓子など食べたくもない。

自然の食材だけを使い

天然の甘みの優しい物だけを食べていたい!笑

でもそれでは

単なる趣味

井の中の蛙になってしまう。

それでは目的を果たせない。

私の望みは別にヴィーガン専門店を増やすことじゃない。

普通のお店に一品でいいから

ヴィーガンメニューがあればいい。

その方が

一般食の方に食べてもらえる確立が高まる。

そして食べてみたら

美味しいじゃん!!!

と言ってもらえれば本望。

そのためには

そこそこ美味しい物じゃダメ。

誰が食べても

何これ美味しい!!!

感動してもらえる物を提供する必要がある。

そのために

舌も身体も自分のものとして使っていない

もちろん

誰に言われたわけでもなく

自分が好きでやっていることですが。

でも

せっかく与えられた物だから

より多くの人の喜びのために役立てたい。

ヴィーガンが良いとか肉を食べるのが悪いとかいう話ではなく

それを必要としている人がいるのなら提供する。

ただ人によっては

ヴィーガンでは健康を保てないのも事実。

そもそも

ベジタリアンとは

野菜を食べる人のことではないから。

ベジやヴィーガンにこだわって

心や身体を病んでしまうのなら

やめなされ

と思う。

それは本当の意味でのベジタリアンとは程遠い生き方だから。

心と身体の声を拾って

自分に本当に必要な物はなんなのか

見極めることが必要。

ベジタリアンに大食いの人が多いのは

食べたいのを我慢しているか

栄養不足

そのどちらかが多いと感じています。

動物の生命の大切さを思って

ベジタリアンになるのは本当に素晴らしいことですが

そのために

自身の健康を損ねては本末転倒

いま一度

身体の感覚に耳を澄ませ

本当に必要なものを感じてみるのもいいかもしれませんよ!

結局のところ美味しいヴィーガンレシピの秘密とは・・・

美味しいヴィーガンレシピを作る秘訣

こだわりなくなんでも食べる!

ということです。

がっかりした方もいるかな?

でもこれが本当のこと。

テクニックなどなにもないのです。

あとはとにかく

好奇心と探究心かな?

いろんな物を食べて

いかにヴィーガンで美味しく再現するか?

ここは一番楽しい遊びの部分ですね。

あとは失敗を恐れずに

挑戦あるのみ!!