みんな大好きあま〜いお砂糖のお話アゲイン!砂糖はどうして悪者にされるのか?甘い物と心の切っても切れない深い関係

やっと歯の痛みが治まり、両方の歯で噛めるようになりました。

膿が移動するものだということを初めて知り

まだまだ知らないことだらけだと痛感しました

マクロビスタイリストの高橋直弓Naoming522)です、こんにちは!

 

どうしても伝えたい砂糖の話

砂糖についてはこのブログでも以前記事にしました。

こちら

まだラジオパーソナリティーとして活動していた時には

ラジオの中でも砂糖についてお話しました。

美人のつくりかた

それくらい、砂糖については何度も語りたい。

何度語っても過ぎることはない

と思っています。

それは

単に砂糖を悪と決めつけることをしないため

でも

砂糖を減らせば減らすほど

身体の負担は軽くなる

という事実も知ってほしい。

それは一見矛盾するからこそ

大事な話だと思っているのです。

 

砂糖についてのマクロビオティック的考察

ラジオの中で結構詳しくお話しているのですが

ラジオを聴くのも面倒(笑)という方のために

もう一度。

マクロビオティックでは砂糖をお勧めしていません。

それは

身体を冷やす

というのが最も大きな理由です。

マクロビオティックでは

身土不二(しんどふじ)

という考え方を大切にしています。

身土不二とは

簡単に言えば

その土地で採れたものを食べること

日本に住んでいれば日本で採れた旬のもの

なるべく丸ごと一物全体)食べる。

というのが大きな柱となっています。

宇宙(自然)というのは無駄がなく

その土地に住む人が住みやすいように

暑い土地では身体を冷やす食物を

寒い土地では身体を温める食物を

ちゃんと用意してくれています。

以外の何物でもないですね。

では砂糖はどこで採れるのでしょうか?

はい、正解は暑い土地ですね。

タイ、フィリピン、グアテマラ、南アフリカ、ブラジル、そしてインド。

日本なら沖縄、鹿児島など。

なので

砂糖は身体を冷やす作用があるとされています。

砂糖を摂ることで毛穴を開き

体温を逃して

暑い土地で涼しく過ごすことができるように

という大自然の計らいです。

ですから

暑い土地に住む方が

適度に摂るのはなんの問題もありません。

ただし、精製されすぎたものはダメ。

さとうきびに本来含まれる

ビタミン・ミネラルがすべて取り除かれ

単なる糖質になってしまっているものは

身体を弱めます。

身体に蓄えてあるビタミンとミネラル

代謝の時に消費してしまうのがその理由。

砂糖をやめるだけで病気の80%は無くなるだろう

と言われている所以です。

 

サプリメントを摂るより砂糖を減らそう

 

私たちはつい

身体のために

「何かを取り入れる」ことばかりに目がいきがちです。

でも

「何かをやめる」方がよほど早く

体調の変化を感じられることも多いのです。

とは言え

砂糖を完全にやめるというのは

ほぼ不可能

だと感じています。

私自身

現在もやめていない

今後やめるつもりもありません。。笑

無理はしない

これは

マクロビオティックだけでなく

あらゆることを継続するのに大切なこと

だと感じます。

特に現代人は様々な環境により

陽性に傾いていますので

陰性な砂糖を欲するのは

ある意味自然なこと。

ここで

砂糖は身体を弱めるからと

無理にやめるのは

別のアンバランスを生む可能性が大きいのです。

ですから

完全にやめることを目指すのではなく

・甘みの質を変える

・摂る量を減らす

・摂り方を考える

ということを実践することで

より身体に負担のない食べ方になると

自分自身の経験から実感しています。

ですから

いきなり完璧を目指さずに

サプリメントでビタミン・ミネラルを補うよりは

砂糖を減らす

まずはここから始めてみましょう。

 

食べ物で癒される心と身体〜甘いもの好きは「甘えたい」の現れ〜

 

私が砂糖をやめることをやめたのは

心がまだ砂糖の甘さを欲しているから。

甘いものが食べたい」のは

甘えたい」から

という事を知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、私の心にはまだ

「甘え」が足りないのです。

それは

幼い頃の親との関係など

トラウマと言われるものも関係しています。

ですからまだまだ

私は自分を「甘やかして」あげなければならないのです。

ここで

誰か他人に「甘えたい」を発動すると

依存になりますので

(甘えてはダメということではなく)

まずはしっかり

自分で自分を愛すること。

親にもらえなかった(と思っている)愛を

自分で自分にしっかり与える

これが必要なのです。

それは甘いものを食べるだけではなく

自分に優しくする

自分を許す

とにかく自分に厳しい目を向けるのをやめる

事なのです。

これは私だけではなく

きっと多くの方が当てはまるのではないかと思います。

甘いものがやめられないあなた

自分に厳しくしていませんか?

まずはその厳しい眼差しをそっと和らげる事からやってみましょう。

私も今そこを頑張っていますよ。

以前カウンセリングの勉強をした時に

カウンセラーはアドバイスはせず

クライアントの話をひたすら聴く

ひたすら全肯定する

ということを学びました。

私は今自分のカウンセラーとなり

ひたすら自分を全肯定して

可愛がっています

外側の世界=内側の現れ

ですので

私の世界は徐々に優しい世界に切り替わってきています。

つい数年前までは

本当に苦しく辛い日々でしたが

現在は

毎日が幸せ

それが日々自動アップデートしています。

本当に面白いくらいに。。

もうすぐ

甘いものが不要になる時が

来るかもしれませんね。

それまでは

心の声を聴きながら

食べたい時にはしっかり甘いものを食べていきますよ。

それともう一つ

食べた時の罪悪感は不要ですので、念のため。。。

そこでまた自分を責めないように(笑)

 

心と食べ物の関係にクローズアップしたマクロビオティッククラスを開催します

砂糖だけではなく

あらゆる食べ物は心と身体に大きな影響を与えます。

それは

陰陽バランスだけの話ではなく

トラウマやストレスも大きく関係しているのです。

どんなに栄養学的やマクロビオティック的

良い

とされている食べ物があったとしても

そこに

トラウマが関係してくると

話は全く異なってしまいます。

これさえ食べていれば良い

という物は存在しないし

これは絶対食べてはいけない

という物も存在しないのです。

一人ひとり環境が違えば

取り入れる食べ物も考え方

違うのが当たり前。

それが本当の

マクロビオティックだと考えています。

私はヒーラーではないので

スピリチュアル的なアドバイスは全く出来ないのですが

一人ひとりの心に寄り添いながら

その人にあった

マクロビオティックのスタイルをご提案することは出来ます。

難しくて実践不可能なマクロビオティックではなく

生活に無理なく取り入れられて

少しでも改善されたことが実感出来る

それが楽しく続けられるポイントだと思います。

まずはその取っ掛かりとして

マクロビオティック・スタート・クラスを開催することになりました。

詳細はこちら

このクラスでは

初めての方でも

今までマクロビオティックを学んだことのある方でも

陰陽や一物全体・身土不二などの基本や

料理の基本をお伝えしながら

いかに楽しく負担なく

続けられるかをご提案しながら

講座を進めていきます。

話だけでも1日していいと言われればしていられますが(笑)

それではみなさんが飽きてしまうので

実習も交えながら

マクロビオティックの基本をお伝えしようと思っています。

お話する大筋は決めていますが

ご参加くださるみなさんのお顔を見ながら

その方に必要な

降りてきたひらめきを元

おそらく

かなり脱線しながらのクラスになりますが

面白い講座になることは必至ですね。

「脱線してもいいよ〜」

という方はぜひご参加くださいね。

お申し込みお待ちしています!

いつも楽しく話を引き出してくださるいずみ先生と

 

Have A Sweet Day!

 

マクロビオティックの基礎が一日で学べる 『マクロビオティック・スタート・クラス』を開講します(講師/高橋直弓さん 4月7日日曜 10時〜14時半)