特別審査員賞受賞しました!!ナチュラルフード・新レシピ発掘オーディション@東京ビッグサイト

今日はひな祭りですね。

ちらし寿司や桜餅でお祝いをなさっている方も多いのではないでしょうか?

ここ最近のご馳走続き&食べ過ぎにより

歯茎が腫れて物が噛めず、必然的に断食を強いられている

マクロビスタイリストの高橋直弓(Naoming522)です、こんにちは!

 

レシピオーディションにファイナリストとして出場してきました

去る2月20日、東京ビッグサイトにて開催されました

ナチュラルフード・新レシピ発掘オーディション

詳細はこちら

光栄にもこちらの料理・スウィーツ両部門のファイナリストとして選考していただき

出場して参りました。

こちら

「ナチュラルフード市場の拡大及びナチュラルフードプロダクツの品質向上を目的とし

ナチュラルフードを使用したレシピを介して料理人と企業をつなぐプログラム」

を主旨としたイベントということで

とても興味が湧き、参加を決めました。

まずは書類による一次審査があり

最終選考に残るのが各部門4名ずつということでした。

私は料理・スウィーツ両部門に応募し

両部門ともファイナリストとして出場させていただく機会を得ました。

料理部門は「ヴィーガンイカリングフライ 五葷抜きソース添え」

スウィーツ部門は「とろりんアーモンドミルクのおしるこ」

で応募しました。

まだ若い頃ですが

料理コンテストに応募して賞をいただいた経験が何度かありましたので

今回も気軽に応募。

もちろん最終選考に残るのを前提に。

応募と同時にステージで着るエプロンを注文しましたからね(笑)

 

審査員用の試食品の数に絶句!

 

最終選考に残ったとの嬉しいお知らせを受けたのも束の間

厳しい現実を知ることになります(笑)

審査員の数は9名

プラス会場にいる一般審査員は約90名と聞かされ。。。

その他見本用とメーカーさんの試食分を入れると

トータルでなんと

約120食分の試食品を用意しなければならない!!

イカリングを120個?

白玉団子を120個??

これを一人で作らねばならない。。。

。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。

一瞬オーディションに応募したのを後悔しましたよね(笑)

がしかし

せっかく選考に残ったものを棄権するのはもったいない!

幸い

あらかじめ作って搬入していいということでしたので

それなら何とかなるか。。。

覚悟を決めました。

考えてみれば

本番だけで全てを作るなんて到底無理なお話で。

オーディション当日から逆算して仕入れと仕込みの計画を立て

その他の予定を全てキャンセルして挑みました。

 

万全の仕込みのはずがなんでこうなるの!?」の巻

 

面倒くさがり屋の私が普段は滅多にしない

シミュレーションをしながら仕込みを開始。

さすがにここまで大量となると

しっかり頭の中で手順を組み立てないと無理。

当日足りない物があっては困るし

時間内に作れなければ失格になってしまう。

なにしろ全てが初めて尽くしなので

何をどうしていいのかさっぱり見当がつきません。

こうなったら

イカリングや白玉団子など作れる物は全て作り

宅配便で会場に発送することに。

その他食材調味料盛り付ける食器

調理道具などなど

会場に用意されている物意外は全て自分で調達します。

初めての場所での調理というだけで緊張するのですが

当日はIHを使わなければならず←使ったことない!(愕然)

大量の揚げ物やお汁粉用には大鍋を特別にお願いして

用意していただきました。

「揚げ物をやる方は昨年も今年も他にいません」

とスタッフの方に言われたのですが

私だってこんな大量に作ると初めから知っていたら

揚げ物なんて選びませんよっ!爆

そんなことを今言っても時すでに遅し

もうこうなったら腹をくくってやるしかない!

むしろ清々しさを感じながら

大量の仕込みをこなしたのでした。

前日夕方には会場の下見を兼ねて

オーディション会場となる東京ビッグサイトへ行き最後の仕込みを。。

と思ったら

送ったはずの荷物が届いていない!!(真っ青)

冷凍・冷蔵・常温便合わせて3個送ったはずが

一つもない!

イカリングも白玉団子も何もかも入っているのにーーー

念のためと持参した宅配便の伝票で問い合わせてもらうと

既に配達済みとのこと。

でも、どこにもなーーーーいっっっっっっっっっ!

いよいよスタッフの方が慌て出し

広い会場のどこかへ消えて行きました。。。

しばらくして

「ありましたっっっっっっ!!!!」

という声と共に現れたスタッフさん。

どうやら会場の別のブースに届いてしまった模様。

とにかく見つかってよかったーーー

あれがなければもうアウト

神様は私をお見捨てにはならなかった。。。

こうして何とか最後の仕込みを終えて

会場を後にしたのでした。

 

いよいよオーディション当日を迎えるの巻

前日にドタバタ劇があったせいか

当日はもうなんでも来い!の心境になっておりまして

ある意味余裕を感じながら会場に向かいました。

ひたすらイカリングフライを揚げます

ひたすら揚げます、揚げます

 

仕込みは既にほとんど終わっているのですが

盛り付けは一人では手が回らないので

元リマクッキングスクールの生徒さんだった方に

アシスタントをお願いしていました。

アシスタントの渡邊友代さんと

 

本番前には全ての試食品を仕上げ

盛り付けも完成。

こちらは審査員用の試食分

 

その後は

オーディションの流れを確認すべく

ステージへ上がったり

本番前の確認に真剣!

ステージ上の作業台周りの下準備に取り掛かります。

忘れている物はないかな〜〜?

 

ステージ袖にいる時にはみんな緊張max!

といいつつ笑っている人が。。。

実際に始まってしまえば

緊張している間もなく

調理中にも審査員長のインタビューがあったりして

あっという間に調理終了。

審査員長のインタビューを受けながら時間を稼ぐ(笑)

 

その後

試食と審査があり

いよいよ結果発表!

一般審査員用の試食はこんな感じ

 

なんと

「ヴィーガンイカリングフライ 五葷抜きソース添え」

特別審査員賞を受賞しました!

やったーーー!!!

わーーーーい!!!

後で審査員長から

「グランプリとは僅差だった!」

と聞かされちょっと悔しかったのですが(笑)

特別審査員賞をいただけただけで本当に光栄です。

午後のスウィーツ部門は残念ながら

受賞なしでしたが、

味付けは最高点だったとのこと。

後は見た目使う食材の選び方などなど。

今後の課題をいただけて

ますます腕を磨こうと誓ったのでした。

受賞した作品

今後店舗での採用が決まっています。

自信作であるヴィーガンイカリングフライ

みなさまに召し上がっていただけるなんて

今から楽しみでなりません。

詳細が決まりましたらまたこちらでもお知らせいたしますね。

 

長い長い1日でしたが

本当に貴重な体験をさせていただきました。

現場のスタッフのみなさまには

本当に良くしていただき

荷物紛失事件の時は本当にお世話になりました)

ファイナリストのみなさんとは

すっかり意気投合して仲良しに。

スウィーツ部門ファイナリストのみなさんとナビゲーターの室谷真由美さん

ヴィーガンインフルエンサーで司会とナビゲーターを担当した岩田さんも一緒に

 

本番後のバックヤード

もはや女子会の場となり

お互いの作品を貪り合いながら

再会を誓いました。

同じ料理を愛する者同士

これからもずっとご縁が続くことを願っています。

やはり料理は楽しくてやめられませんね!

 

ますますベジ料理の美味しさと楽しさが広がりますように。

Have A Sweet Day!